MENU

パッチワーク用語について

パッチワーク用語がわからないと、「パッチワークって難しそう。
」と思ってしまうかもしれません。
でも、基礎的なパッチワーク用語さえ覚えてしまえば、それほど難しくないはずです。
まず、デザインされた模様のことを「パッチワークパターン」呼びます。
型紙などを使って、必要な形に裁断した小さな布のことを「ピース」といい、ピースとピースを縫い合わせることを「ピースワーク」もしくは、「ピーシング」というのです。
ピースワークで作ったかたまりを「ブロック」と呼び、ピースワークでできた模様を「パターン」といいます。
デザインによっては、パターンとパターンの間に模様を引き立たせるための布を入れてはぎ合わせることがあり、この間に入れる布を「ラティス」と呼んでいるのです。
全てはぎ合わせたパターンの外回りに、帯状の布を額縁のようにはぎ合わせる時は、帯状の布を「ボーダー」と呼びます。
ピースワークで縫い合わせた縫い代をどちらか一方に倒して処理することを「片倒し」といい、ピースワークが完成した作品の表側を「キルトトップ(単にトップともいう)」というのです。
このキルトトップにシート状になったキルト綿(キルト芯)、裏布を重ね、ずれないようにステッチで縫って固定することを「キルティング」と呼びます。
キルティングは三層重ねて縫い付けることですが、大きめの布を土台にして、他の小さな布を縫い付けて模様を表現する技法は、「アップリケ」と呼ばれています。
パッチワークは、小さな布をはぎ合わせて模様を表現する「ピースワーク」と自分の好きな形に裁断した布を縫い付けてより自由な模様を表現する「アップリケワーク」に大別されているのです。

関連ページ

パッチワークの作り方
パッチワークは、布片をたくさん縫い合わせて、一つの布を作るという手芸です。市販されているパッチワークキットを使えば、初心者でも簡単に作ることができます。空いた時間に、パッチワークを楽しんでみませんか?
パッチワークキットを買ってみる?
パッチワークは、布片をたくさん縫い合わせて、一つの布を作るという手芸です。市販されているパッチワークキットを使えば、初心者でも簡単に作ることができます。空いた時間に、パッチワークを楽しんでみませんか?
パッチワークの型紙について
パッチワークは、布片をたくさん縫い合わせて、一つの布を作るという手芸です。市販されているパッチワークキットを使えば、初心者でも簡単に作ることができます。空いた時間に、パッチワークを楽しんでみませんか?
パッチワークパターンの名前
パッチワークは、布片をたくさん縫い合わせて、一つの布を作るという手芸です。市販されているパッチワークキットを使えば、初心者でも簡単に作ることができます。空いた時間に、パッチワークを楽しんでみませんか?